中期経営計画

中期経営計画の基本方針

株式の上場により、社会の公器としてのステージに移行し、持続的な成長を達成し、社会・地域・株主・従業員への更なる利益還元を行っていきます。

新たなステージで更なる成長を目指す
  • ・グリーンズ企業目的・理念・ビジョンの実現を目指す
  • ・持続的な成長と中長期的な企業価値、株主価値の最大化を目指す
  • ・全てのステークホルダーとともに経営を推進し、社会の公器としての責任を果たす

Next Step

安定した日本国内の需要と、高成長が続くインバウンド需要により、ホテル事業は中長期的に良好な環境であると期待されます。

主要顧客である国内ビジネス客をベースに、国内観光需要とオリンピック後も増加が見込まれる個人旅行を中心とするインバウンド需要を取り込み、さらなる業績拡大を目指します。

事業別の出店戦略

チョイスホテルズ事業

マルチブランド展開による成長を目指す

ブランド
  • 既存の客室よりも大きめの客室

  • 快適性を志向したスイートタイプの新ブランド

  • コンフォートホテル基準と異なる物件をリブランドする出店を検討

スキーム

・新築物件の賃貸借・運営受託が軸

グリーンズホテルズ事業

M&A、事業譲受等の多様なスキームにより出店を推進

ブランド

・ノンブランド

・名称変更を伴わない運営参入

スキーム

・賃貸借・運営受託によるオペレーターチェンジ中心

・コンフォートホテル基準と異なる物件の運営

安定市場でシェアアップ成長市場の顧客獲得

事業強化戦略

事業を構成するハード・ソフト・ヒューマンリソースの要素において、効果的な投資や新たな取り組みを実施し、既存のビジネスモデルを改良するとともに、新たな事業領域の検討も行います。

業績目標

2020年6月期には、売上高は320億円以上、営業利益は25億円以上を目指します。

単位:百万円

  2017年6月期 2018年6月期
(予想)
2019年6月期
(予想)
2020年6月期
(予想)
売上高 26,014 27,588 30,000 32,000
営業利益 2,287 2,013 2,300 2,500
経常利益 2,237 1,955 2,300 2,500
親会社株主に帰属する当期純利益 1,427 1,249 1,500 1,600
PAGETOP